Top

下白岩 有孔虫化石ヌガー

甘くて香ばしいネフロレピジナの記憶
The memory of sweet and fragrant “Nephrolepidina”.

 

Where you can find this rock:

The fossils found in Shimoshiraiwa, Izu City

 

有孔虫(レピドシクリナ)は、1年中暖かい海に暮らしていて、チョークと同じ成分でできた殻をもつ、アメーバと同じ種類の原生生物です。
伊豆市下白岩で見られるネフロレピジナの化石は、直径3~5mmと小さく、多くのものは、フリスビーのような形をしています。
下白岩の化石は1100万年前のものであるといわれており、伊豆半島が1年間で3cm北西に向かって動いていることから、時間を巻き戻して考えると、伊豆半島がはるか南の海の中にあった時代のものだと分かります。
現在、下白岩で見られる化石は、伊豆半島と共に南の海から、長い年月をかけてやってきたことになります。
伊豆半島の歴史を知るための重要な証拠であるため、大切に守られています。

Foraminifera is a singlecelled organism. They live in warmer oceans. The shell of Foraminifera is made of the same ingredient as chalk.
The fossils found in Shimoshiraiwa, Izu-city, are small, about diameter 3~5mm. They look like Frisbees.
They are thought to be from 11 million years ago. Izu Peninsula is moving 3cm northwest every year. It turns out that they lived in the Izu Peninsula when it was very far south in the sea near the current location of South East Asia.
Because the fossils are important evidence in understanding the history of Izu Peninsula, they should be protected and cherished.

テキスト(和文・英文):静岡県立伊豆総合高等学校 自然科学部

伊豆総合高校 自然科学部ジオガシ旅行団

 

 


原材料:

砂糖、蜂蜜、玄米、はと麦、アーモンド、ココナッツ、レンズ豆、レーズン、卵白、水飴、でんぷん、トレハロース