Top

ジオガシキッチン@長泉南小学校

2015年2月3日、
長泉町立南小学校でジオガシキッチン依頼を受け
さっそく行って参りました。

長泉南小学校

 

保護者でつくる家庭教育学級の授業として、今回はベテランお母さん達と
ジオを学びながら風景を菓子化します。

作るのは、伊豆を代表する2種類の伊豆石。

それぞれの成り立ちと、
そもそもなぜそれが採石されるのか?と
その石達はどこに運ばれて活躍したのか?
などを少しお話します。

まずは伊豆半島の成り立ちをおさらい。

まずは伊豆半島の成り立ちをおさらい。

石の成り立ちがわかったので、
さっそく作ります。まずは、火山灰が堆積してできた伊豆石凝灰岩。
時々、火山レキ(くるみ)も飛んできます。

火山灰に見立てた生地を堆積させています。

火山灰に見立てた生地を堆積させています。

お次は、伊豆石安山岩。
マグマの元をこねくってます。
この時期はなかなかバターが言う事をきかず、
けっこうなハードワークでしたが、さすが皆さん、
上手に手なずけてまとまった生地にしてくださいました。

伊豆石安山岩をこねくり中

伊豆石安山岩をこねくり中

そうこうしているうちに、伊豆石凝灰岩が焼き上がりました。
それを1/1000スケールにカット。
さらにビンテージ感をますため抹茶で苔むした様子を再現します。

苔むした様子を抹茶で再現

苔むした様子を抹茶で再現

焼き上がった2種類の伊豆石を写真と並べてみました。
安山岩クッキーの石っぽさに皆さん
「クッキーを作ったつもりだったけど、こんなに石に見えるとは!」と。

ふふふ、それは
お菓子が風景に、風景がお菓子に見えるヤマイ、
ジオガシ病です。

こんな感じで2種類の伊豆石完成〜☆

こんな感じで2種類の伊豆石完成〜☆

実食の前に記念撮影大会。

記念撮影

記念撮影

皆さん、本当に上手に作って下さり、
とっても美しい伊豆石2種が仕上がりました。
材料もとってもシンプルで、お家に帰ってさっそくお子さんと作る、という方も。

見慣れた日常をこうして一緒に楽しめるのは
ジオガシ旅行団の本望です。

参加して下さった皆様、本当にどうもありがとうございました。
これを機に、伊豆の景色をもっと好きになってもらえたらと思います。

ちなみに、長泉町で有名なジオおススメスポット。
「鮎壺の滝」
太古に思いを馳せさせる素敵な場所ですね〜。

鮎壺の滝

鮎壺の滝
富士山方面からいらした溶岩が作り出す景色

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です